筋トレ 方法

胸の脂肪 筋肉トレーニング

まず太る?

「痩せたいけれど、筋肉もつけたい」これって矛盾しているらしいですね。

ある意味、太る時にしか筋肉はつかないって事みたいです。
たとえば、筋肉をつけたいのにジョギングをするっていうのは、ちょっと違うみたいで、有酸素運動はダイエットにはいいかもしれませんが、筋肉をつけたい時には逆効果って事のようです。

まとめると、筋肉をつける時期は太るの覚悟で食う!
筋肉もつくが脂肪もつく、これは有りって事で、脂肪の下に筋肉をしっかりつけてから、絞っていく期間をつくるって事みたいです。
この絞っている期間も、脂肪だけを落とすっていうのは無理のようで、脂肪と共に筋肉も落ちる。

筋トレは続行しますが、筋肉を膨らませる筋トレではなく、筋肉を出来るだけ維持する為の筋トレと考え、回数、強度を少し下げるのも仕方がないようです。

ここで初めて食事制限です。油を控え、たんぱく質を多めに摂る。

筋肉量が増えているので代謝も良くなっていますから、ジョギングなどの有酸素運動を取り入れると効果があります。

@太りながら筋肉を付ける期間
A筋肉も少し落ちるが、それ以上に脂肪を落とす期間
Bまた@に戻る

これを繰り返して、どんどん筋肉だけを増やしていけばマッチョにもなれるかも(相当たいへんだと思いますが)

そういえば、男性アイドルの人達は、「あれ?なんか太った?」って時期が大体ありますね。
その時は、「前の方がかっこ良かったな」とか「ちょっとブサイクになったな」とか思いますが、
子供っぽい、ひょろっとしたカワイイ感じから、その時期を経て、男っぽいガッチリした男前になってたりしますよね。
たぶん、そういう事なんでしょうなあ・・・。

ダイエットでリバウンドするって話がありますが、これは食事制限などで痩せる時に筋肉も一緒に落ちて、太るときには脂肪だけが増えて代謝が悪くなり、もっと太るっていう悪循環なわけですが、この逆っていうか、筋肉をキープして代謝の良い状態が出来ると太りにくい体にもなれるって事なんですよね。

まっ、体脂肪率30%の私がエラそうに語っている場合じゃないんですが。

休養も必要


▲ ページトップに戻る